このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

防災対策

防災対策
前ページ 1 2 次ページ
【ひたちなか市会場】平成29年度いばらき防災大学の参加者募集 村民生活部 防災原子力安全課
【ひたちなか市会場】平成29年度いばらき防災大学を開催します!
弾道ミサイル落下時の行動等について(Actions in case of missiles flying to Japan) 村民生活部 防災原子力安全課
近隣諸国から弾道ミサイルが発射され,日本に飛来する可能性がある場合に,国民がとるべき行動について,お知らせします。 【10/6 英語版記事,関連リンクを追加しました。】 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合の情報伝達 弾道ミサイ...
安定ヨウ素剤配布会 結果報告(平成29年3月現在) 村民生活部 防災原子力安全課
茨城県と東海村では,国(原子力規制委員会)の「原子力災害対策指針」等に基づき,平成27年度以降,安定ヨウ素剤を配布しています。 また,今年度からは,3歳未満のお子さんが服用できるゼリー状安定ヨウ素剤を配布しています。 ...
石神地区で防災訓練を実施しました! 村民生活部 防災原子力安全課
平成28年3月6日(日)石神コミュニティセンターで,東日本大震災クラスの地震を想定した防災訓練を,石神地区(外宿一区,外宿二区,内宿一区,内宿二区,竹瓦区)の主催で実施しました。 これまで石神地区では,個々に自主防災組織を結...
真崎地区で第3回防災訓練を実施しました! 村民生活部 防災原子力安全課
平成27年10月24日(土)に真崎コミュニティセンターで,東日本大震災クラスの災害が発生した想定の防災訓練を,昨年に引き続き真崎地区自治会(真崎区・舟石川三区・原子力機構荒谷台区)の主催で行いました。 真崎地区では,真崎地区自治...
日赤茨城県支部による常備救護班等災害救護訓練を実施しました。 村民生活部 防災原子力安全課
 東日本大震災クラスの地震が発生した想定の防災訓練を,白方地区自治会が白方コミュニティセンターで行いました。 
平成27年度 講師派遣の案内について 村民生活部 防災原子力安全課
(一財)日本原子力文化財団では,自治体,民間団体等が開催する講演会等のお手伝いを 目的とした講師派遣事業を,資源エネルギー庁の委託により実施しております。 エネルギー,原子力,放射線等,それぞれの分野の専門家を,行使として講演会...
照沼区で防災訓練を実施しました。 村民生活部 防災原子力安全課
平成27年2月22日(日)に照沼区自主防災組織の主催で防災訓練を実施しました。 朝9:00の消防団による地震発生の広報を合図に,参加者が各自宅でシェイクアウト訓練を行った後,照沼小学校に避難してきました。 雨がぱらつく場面もあり,身体の...
東海村シェイクアウト訓練を実施しました! 村民生活部 防災原子力安全課
1月16日(金)の11時に東海村シェイクアウト訓練を実施しました。 シェイクアウト訓練は,いつ,どこで発生するかわからない大規模地震に対して,即座に自分の身を守るために『(1)体勢を低く(2)頭を守り(3)動かない』という行動をとり,...
白方地区自治会で防災訓練を実施しました! 村民生活部 防災原子力安全課
 東日本大震災クラスの地震が発生した想定の防災訓練を,白方地区自治会が白方コミュニティセンターで行いました。 
宿区自治会で防災訓練を実施しました! 村民生活部 防災原子力安全課
 東日本大震災クラスの地震が発生した想定の防災訓練を,宿自治会が照沼小学校で行いました。 
村内公共施設に自動販売機を設置しました 村民生活部 防災原子力安全課
 災害時の公共施設における防災機能強化や熱中症等の健康対策のため,コミュニティセンター,「絆」,東海村総合体育,村内スポーツ施設(スイミングプラザ,テニスコート,阿漕が浦公園)3施設に自動販売機が設置されました。
外宿一区で防災訓練が行われました 村民生活部 防災原子力安全課
9月1日の防災の日を前に,8月30日(日)に,外宿一区自主防災組織による防災訓練が行われ,約60名が参加しました。 訓練内容は震度6弱の地震が発生したことを想定したもので,『通報訓練』,『避難・誘導訓練』,『負傷者の救出・救護訓練』,『...
豊岡区で避難訓練を実施しました 村民生活部 防災原子力安全課
平成25年6月16日(日),豊岡区・亀下...
須和間自治会で防災訓練を行いました。 村民生活部 防災原子力安全課
AEDや心臓マッサージによる心肺蘇生法や煙体験ハウス,水消火器による消火訓練を行いました。
前ページ 1 2 次ページ